カードローンには、簡単に借りれるからこその怖さもある。

カードローンで気をつけなければいけないことは、借り入れ可能金額を自分の預金金額と錯覚しないようにしなければいけないということです。

恐らく誰もが最初は、借金は嫌なのでなるべく借りないようにするかと思いますが、借りて返してを繰り返しているうちに、本当は我慢したり、節約すれば借りなくてよかったお金を、「まだ借りれるから」と安易に借りてしまうように考えてしまうようになります。

「まだ借りれるから」借りてしまう思考回路は、簡単にお金を借りることが出来てしまうからだと思います。銀行預金を引き出すのと同じように、ATMでカードローンカードを突っ込んで、暗証番号と金額を入力すると、お金が出てきます。

まるで預金を引き出しするかのように。

何回借入を繰り返しているうちに、借入可能額を自分の預金残高と思えてきてしまうような錯覚になってしまいます。こうなってしまうと借り入れ可能枠がいっぱいになるまで借入をして初めて気づきます。

カードローンは簡単に借入をできるが故に、借入限度額いっぱいまで借入をしてしまう、そして返済に行き詰まってしまう人がたくさんいるということを肝に銘じて、借り入れは計画性を持って行うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>