カードローンの審査に嘘偽りは禁物

カードローンに申し込むと審査が待っていますが、それには仮審査と本審査の二つがあります。仮審査というのは、要するに申し込み資格がある人かどうかを簡単にチェックするだけの審査です。

それは通常、インターネットのウェブ申し込みでも、その場ですぐに終わります。

それに対して本審査とは、簡単なチェックだけというわけではありません。その人の属性について詳しく調べますので、その場ですぐに終わるということもありません。ですからカードローンの審査と言えば仮審査よりも本審査のほうが圧倒的に重要であり、一般的に審査と言えば、それは本審査のことを指していると考えて間違いありません。

ところで、審査を受けるにおいては嘘偽りはいけません。
もしも仮審査で嘘を付いて合格したとしても、本審査ですぐにバレます。本審査では嘘は通用しません。いずれにしても嘘は虚偽申告であり、下手をするとそれは犯罪になってしまう危険があります。

カードローンの審査に限らず、人生、何事においても正直に生きることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>